文房具

還暦過ぎても文房具が好き。先ずはボールペンと手帳のお話です。

みなさんは文房具売場によく行かれますか?以前は、銀座の伊東屋、東急ハンズ、西武ロフト、などによく出かけていったものですが、最近は100均の文房具売場で済ませるようにしています。使う予定などまずないのに買ってしまう。文房具の魔力は恐ろしい。
禁煙への道

「プルームテックプラス」ローストブレンドを試してみました。

「Ploom TECH +(プルームテックプラス)」。電子タバコのレギュラーを吸うと何故か喉がイガイガしてしまうのは私だけでしょうか。ところが、ROAST BLEND(ローストブレンド)はあまりイガイガしません。新たな発見でした。
禁煙への道

JT「プルームテックプラス」喫煙歴約半世紀のオヤジの感想

オンラインショップで「Ploom S(プルームエス)」とともに購入した「Ploom TECH +(プルームテックプラス)」。プルームテックの吸いごたえがイマイチだったので、楽しみにしてました。さて、その味わいはいかに・・・?

矢崎泰久著「タバコ天国」禁煙したい方にはおすすめできない本です。

皆さん禁煙してますか?私は未だ禁煙準備中。「タバコ天国」の著者矢崎泰久氏は、喫煙歴70余年のヘビースモーカー。本書刊行当時は御年87歳。「チェ」というタバコを1日40本は吸うという。禁煙に向け頑張っている人は読まないほうが良いかもしれません。

タバコを吸わない方には全く必要のない本を2冊読んでみました。

禁煙に向け、鋭意準備中の還暦過ぎのおっさんです。みなさんは当然タバコなんか吸いませんよね。根性なしのわたしは、社会の風潮に負け禁煙への道を歩みつつあります。たまたま書店でフト手にとった本。はっきり言って非喫煙者には無縁の本ですが紹介します。
書斎

「岩波新書」で書斎の本棚を埋め尽くしたい。昔からの夢でした。

みなさんは自宅の本棚にどんな本がならんでますか?みなさんは「岩波新書」は読まれますか?「書斎の本棚を『岩波新書』で埋め尽くす」これがわたしの若いころからの夢でした。「岩波新書」=「知的生活」。どうもわたしはそんな勘違いをしていたようです。
書斎

渡部昇一著「知的生活の方法」で書斎に憧れ定年間近にやっと実現。

みなさんは自分のお城「書斎」を持ってますか?「書斎」はわたしの若いころからの夢でした。わたしの書斎願望を芽生えさせたのが「知的生活の方法」です。でも狭いアパート。子供部屋は作っても「わたしも書斎が欲しい」なんてとても言い出せませんでした。
禁煙への道

JT「プルームエス」喫煙歴約半世紀の還暦オヤジの吸った感想!

「Ploom S(プルームエス)」。以前のiQOSのときと違い、発売まもなく公式オンラインショップで「Ploom TECH +(プルームテックプラス)」とともに結構すんなりと購入できました。遅くなりましたが、還暦オヤジの感想です。

藤本義一著「煙草一本ミニ講演会」煙草の思いを語るエッセー集。

藤本義一は、昔、「11PM」という深夜テレビの司会を約25年間つとめた小説家、放送作家です。少しお色気ムードもあった番組なので、私もよく見ていました。ヘビースモーカーだった著者が、いつも缶ピーを吸いながら、放映していたのを覚えています。
禁煙への道

煙草は百害あって一利なし。喫煙歴約半世紀のオヤジの決断。

煙草。最近肩身の狭い思いをしている喫煙者。私もあと数年で喫煙歴約半世紀。やめたくてもやめられない。そんな意志薄弱なオヤジが、喫煙歴と煙草への思いについてお話します。還暦を過ぎてから、初孫と自分の健康のため、禁煙を目指しチャレンジし続けます。
PAGE TOP